2007年  GP2

F-1の開幕がいよいよ迫ってきましたが、実はそれよりも個人的にGP2の方が気になっていたりします。何と言っても今年は一気に日本人が増え、平手、中嶋、左近の3名がエントリーします。
過去唯一、日本人として頑張っていた吉本大樹が参戦出来なくなってしまったのは残念ですが、彼のレースは今年FNで見る事が出来るので、海外仕込みの熱い走りを期待しましょう。。

2006年ユーロF-3で平手はランキング3位。中嶋は7位。チャンピオン争いには絡めませんでしたが、いずれも勝利はあげており、十分に海外でのレースで戦っていける事を証明しました。
彼らはトヨタの育成プログラムを受けており、その名に恥じない成績をしっかりと収めていますよね。いずれもF-1ドライブは何度も経験ずみで、中嶋などは今年ウイリアムズのテストドライバーとして今オフ、バンバン走りまくっています。これはF-1デビュー前としての日本人にはあり得なかった事です。あの佐藤琢磨ですら、デビュー前にはここまでの走りこみをした経験はありません。左近にいたっても昨年はスーパーアグリでF-1レースまで経験しています。彼には走りこむ時間もF-1を理解する時間もほとんどありませんでしたから、このGP2でもう一度経験を積むにはよい選択をしたと思います。もちろん好成績をあげる事が条件にはなりますが・・・・。

このGP2参戦するにあたって大きい事は、全てではありませんがグランプリサーキットを事前に経験することが出来ることです。GP2はF-1と同時開催がほとんどなので、F-1デビュー前にはサーキットを知ることが出来ます。これは非常に大きな効果をもたらしていると思います。「コースを知っている。」これだけでも他のカテゴリーから来たドライバーらに対して有利になりますよね。GP2に参戦することはF-1にステップアップすることにおいてメリットがたくさんあるわけで、「F-1シート獲得を夢見る前に、GP2のシートを獲得しろ!!それが一番の近道だ!!」といった状態となっています
e0047547_022561.jpg
↑平手晃平クンです。彼はトライデントチームからの参戦。2006年にできたホヤホヤのチームですが、それでも昨年は3勝を記録しています。まだ未知数のチームですが、合同テストでは平手は7番手タイムを記録し、まずまずと言ったところ。チームメイトは、こちらも初参戦となるマルドナルドは17番手。チームメイトは全く相手にしてませんが、昨年と両ドライバーが変わったのでセッティング面やクルマ作りなどチームとの兼ね合いがちょっと不安要素ですかね?
e0047547_0221924.jpg
↑GP2参戦と同時にF-1ウイリアムズ・テストドライバーの座も手に入れてしまった中嶋一貴クンです。テストタイムは6番手。今のところ日本人最速です。DAMSというチームのわりにはいいタイムを記録していると思います。DAMS・・・昨年はいい所がなく、今年はチーム力が上がっていることを期待。このチームは国際F-3000時代から知っている名門チームだったのですが・・・・(E・コマス、O・パニスでチャンピオンにもなっています)その当時とはちがうチームと考えたほうがいいかもしれませんね。
e0047547_0223094.jpg
↑一貴クンのマシンです。マシンカラーやサイド&リアウイングに書かれているように、どこの誰がみてもトヨタ系ドライバーが一目瞭然(笑)CMでお馴染みのこのコピーを貼るとは面白い。。。
e0047547_022521.jpg
↑BCNからエントリーする山本左近クンです。このチームは吉本クンが所属していたチームでお馴染み。非常にムラがあると言うか・・・波のあるチームで、良い時、悪い時がハッキリしています。「なぜ?」と思うトラブルが続いてしまったり(チームだけのせいではないけれど)良いセッティングが中々見つけられないと言った、GP2を戦う上においてエンジニア能力がまだまだ不足しており、原因究明に非常に時間がかかってしまう・・・このあたりの部分で吉本クンも非常に苦労していました。テストでも下位に沈み、左近クン初めてのGP2とは言え、なんと最下位。GP2には初年度から参戦してて、今年で3年目のチーム。。正念場をムカエテマス・・・。
e0047547_0231268.jpg
↑このマシンはGP2発足から連続でチャンピオンを産み出しているARTです。ニコ・ロズベルグ&ルイス・ハミルトンも所属していたチームで、いかに優秀なチームかはお分かりでしょう。今年はドライバーを総入替えし、ドイツ人ドライバーのミハエル・アマミューラーを起用。彼はF-1レッドブルのテストドライバーにもなっておりレッドブルの育成プログラムにも入っています。
ですので、ARTのメインスポンサーはマールボロですが、アマミューラー車に関してはこのようにレッドブルカラーが入ります。過去GP2では、一年を通してなかなか波に乗れないアマミューラーでしたがチャンピオンチームのシートを獲得したいま、念願の王座を手に入れる事ができるかどうか?注目です。
テストでもARTはトップタイムを記録しており、ライバルiスポーツと共に今年も強いチーム力を発揮しそうです。
e0047547_0245174.jpg
↑そしてこちらはボクの予想に反して、GP2にステップアップしたアーデンのブルーノ・セナです。
ボクは大セナファン(アイルトン・セナね)なので本音はうれしい事ではあるのですが、もう一年F-3をやるものだと思ってました(ブルーノは2006年イギリス選手権ランク3位)ちょっとばかしステップアップするのは早いような気がしています。もう少し経験を積んでからのほうがGP2を操るには適切だと思っています。今回のテストでは15番手タイムでした。
そうはいってもやはりそこはセナ・・・・セナ、セナ。。ボクの予想を覆す活躍をみせて欲しいと思っているのもまた事実です。
e0047547_0234351.jpg
やはり注目度は高いようで、こんな写真にも応じています。
[PR]
トラックバックURL : https://sid80.exblog.jp/tb/5252780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by sid80 | 2007-03-02 00:15 | レース | Trackback | Comments(0)

70スープラと過ごす日々や、整備記録、チューニング、時折トラブル(笑)等のつたない日常日記。


by sid70
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31