人気ブログランキング |

F-1日本グランプリ2006

e0047547_17321368.jpg
毎年この時期恒例のF-1日本グランプリに行ってきました。今年で最後の鈴鹿になってしまう事も決定事項とされ(少なくとも5年間は富士での開催)ちょうど今年で20周年と節目の開催となりました。。鈴鹿でのF1観戦では、キャパシティなどに限界を感じてはいましたが、コースレイアウトはいい味をだしていますし、F-1マシンの性能やドライバーのスキルなど試される要素をいっぱい持っていますので、やはり寂しいものがありますよね。。場所もボクの住まいから近いですし(これが一番大きいかも)。鈴鹿を走ったことのある人でしたらご存知かと思いますが、予想以上にコース幅が狭いのに驚くと思います。「ここでF-1も走るのか・・・・」そう思うともっと驚きます(笑)
e0047547_17352380.jpg
天気は良かったのですが、風が強く日当と日陰の温度差がけっこうありましたね。雲の流れも早かったです。
e0047547_17355460.jpg
決勝レースも近ずき人もいっぱい増えてきました・・・・。
e0047547_06247.jpg
↑じゃん!!弁当も記念仕様となってました。。ボクらも腹ごしらえです。
e0047547_1738094.jpg
そしてこれが今回の観戦エリアです。メインストレートを下って第1コーナーと入っていきます。しかし、ビジョンも小さいし、角度も悪い・・・・双眼鏡を使ってもやっとこさ見える程度。。コースへの見渡しも悪く、ボクの腕では画像もほとんど撮れませんでした・・・。
e0047547_17381722.jpg
↑で、、ストレートから第1コーナーから2コーナーへと突っ込んでいくまでが見えますが、異次元の速さでした、やっぱりF-1は。。。
e0047547_17383670.jpg
丁度オフシャル・カーが止まっているあたりがブレーキングポイントとなります。ほとんどのF-1マシンは1コーナーではブレーキングは行いません。軽くアクセル・オフしてくるだけで、皆鬼突っ込みのように(笑)短時間&短距離で2コーナーまでにプレーキングとシフトダウンを完了させます。あらためてF-1マシンの動力性能には驚いてしましました。。あとシフトダウン時の音も最高!!これはTVではわからない生ならではの聞きごたえです♪以外にもミハエルはスムーズに1コーナーへと入っていきましたね。
e0047547_1739314.jpg
正面にはS字エリアの観客席です。すごい人ですね!!逆バンクまで入っていくのが何とか見えます。。ここでも速いF-1マシン。。ホンダとスーパー・アグリの応援席化してました。。
e0047547_0175887.jpg
残念無念となってしまいましたね・・・ミハエルは。アロンソの追い上げもありましたが、このままイケル感触は見ててありました。PITアウト後、すぐにコレでしたからね・・・・・・
e0047547_0153129.jpg
e0047547_0162248.jpge0047547_0163482.jpg
トラックバックURL : https://sid80.exblog.jp/tb/4311878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from PIT-STOP at 2006-10-11 17:55
タイトル : Rd.17 日本GP。 [観戦編]
昨年までJくんの運動会との 見事なまでのブッキングが原因で 3年間もお休みしてしまったF1観戦に 4年ぶりに行ってきました。 それが<鈴鹿サーキット>最後の グランプリになってしまうとは…。 ちょっと複雑な心境。 20年続いた鈴鹿でのグランプリですが、 僕は今回の観戦で11回目となります。 1991年、1993年~1995年、 1997年~2002年、そして2006年。 1年に一度、身震いする エキゾーストノートを聴くのは 僕にとって「お盆」や「正月」 に並ぶ恒例行事。 ...... more
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by sid80 | 2006-10-11 17:39 | イベント | Trackback(1) | Comments(0)

70スープラと過ごす日々や、整備記録、チューニング、時折トラブル(笑)等のつたない日常日記。


by sid70
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31