ミハエルについて・・・

e0047547_2218583.jpg
大変です!空の世界が麻痺しています。ミハエルは無事自宅へと帰れるのでしょうか!!

ではなく・・・なく

開幕してからミハエル・シューマッハの調子がまったく上がってきません。特に今回の中国GPに関しては「トドメノ一発!」と言うくらい波に乗れていないミハエルの様子が見えました。
せっかくのフリー走行でのよい流れが、ウィークエンドまで続きません。常に試行錯誤。
今回の結果によって「うちのチームはまだまだ・・・」とかは最早通用しません。
チームメイトが無言ながらにポテンシャルアップを証明した形を見事、もぎ取って行く形となったからです。
致命的な差が、ありました。
ニコの評価は、予想以上!?に上がる一方。
通常であればチームとしては、よっしゃ!と行くのが世の杖。
「トップはまだ遠いが、方向性は間違っていない。」と。

しかし、チームからはそれは感じられない・・・。

いちいちミハエルについてのコメントがハウグから出てくる。

マスコミに向けて、というよりダイムラーに向かって言っているコメントに聞こえます。
ニコのパフォーマンスでは納得させられないのでしょう。
ミハエルの不調はそのままチームの焦りとして見受けられます。
「このままじゃまずい・・。」と。

まぁ・・ミハエルからしたら「他人のクルマ」であるから、乗りこなせない理由ははっきりとしていると思いますが。
彼の意見は一切反映されてません。
ミハエルにとってはベストマシンではないが、ニコにとってはベストマシンとなってしまった所に、不運を感じます。

うれしいだろうなぁ、ニコは。自信つけちゃったし。
そんな折「スペインGPからニューシャシー投入」とのニュースが。
はは~ん。そういう事でしたか。
チラホラと噂にはなってましたが「他人のクルマ」から「我がクルマ」計画がしっかりと進行していたんですね。

ちなみにボク自身は過去・現在・未来においても、ミハエルファンではありません。

しかし、F-1歴を数えたら、間違いなくミハエル世代であります。
このまま彼が黙って、若き勘違いボーイのチームメイトや、次世紀からやって来たライバルやジャーナリストらに、朝食みたく扱いに(夜には何を食べたか忘れている意味)許せない気持ちが芽生えてキマシタ。

ある意味ブルーノに関して「セナって誰?」って言われているようなものです。

ここまで落ちれば良いんです。侮辱されても大いに結構。実際に不信なのですから。


「我がクルマ」の登場待ちに待っております。「ホイールベースもいじったし、重量配分も大きく変えたよ!ロスがデータを入手した。レッドブルもモンスターも同じエナジードリンクだからばれないってよ。」
(レッドブルのデータを持ち込んだのはD・クルサード。それと引き換えにDTMシートを手に入れた)
待望の「ミハエル・スペック」です。
メルセデスが今年勝てるとは思えませんが、チーム内での立場逆転は大いに有り得ます。
楽しみはありますが、「我がクルマ」がもし、ニコにも合っちゃたら全ては終わりです。

腕が錆び付いたうんぬんより、シーズン開幕後テストが出来ないのが一番の痛手だと思います。
そんなシーズンこそ初めてなのですから。

まずはチームメイト潰しから。

e0047547_214323.jpg
ティフォシへの最低限の感謝や詫びの気持ちからか・・メットに変更はなし。
けど、メルセデスカラーとあまりにも似合わない。モンスターエナジーロゴはもっと馴染まない。
いっその事、デザインもナショナルフラッグに戻したら?ここはニキ・ラウダを見習うべき。

林みのるとなれ!マイケェェル!!
[PR]
トラックバックURL : https://sid80.exblog.jp/tb/12507716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by SID80 | 2010-04-19 23:52 | レース | Trackback | Comments(0)

70スープラと過ごす日々や、整備記録、チューニング、時折トラブル(笑)等のつたない日常日記。


by sid70
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31