愛しのスープラとの日々や、つたない日常日記。


by sid80
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

なんだこの症状!?アイドリング不調・・・黒煙

e0047547_019424.jpg

ECUトラブルも解決し、やっとさ快調な日々を送れていた70だったのですが、ここ最近またも、エンジン不調に見舞われてしまいました。
主にアイドリングが安定せず(低い)走行中には黒煙が出始め、「ボォ・ボォ・・ボォ」と息継ぎする症状が再発。ブースト掛けると余計酷く、掛けれない(掛からない)状態で。

エアコンを切るとアイドル500回転まで落ち込み今にもエンストしそうな感じで(結果エンストは何度も起こる)
症状的には前のECUトラブルと同一でした。しかし、今回のはその時に比べ酷い状態で、黒煙が出始め排気ガスもすごーい匂い・・・。

「これは乗ってられないなぁ。」と思いつつ、ダマシダマシ通勤には使ってましたが、自宅駐車場に入れる時、
パワステが効かない!警告等点滅・・・明らかにおかしくなってしまった。。

自転車通勤決定(笑)

数日後エンジンルームを点検してみる。
早速異常個所が・・・「あれ??」ファンベルトがなんかズレテナイ?触ってみる。
引っ張ってみると、全然引っ張れる。。。
緩んでるよォ~。
「もしや・・・・」下のほうを見ると、はいはいクランク・プーリーの周囲がありやせん。

定番トラブルの一つ、クランク・プーリー抜けでした。(そう言えば、何かゴトンと音がしたような・・)
試しにエンジンを掛けると、ファンベルトが廻りません。原因確定!!

またも自走できずレッカーを呼ぶ羽目に。。マーシーさんにも連絡を入れ、修理をお願いする事となりました。
「けど、プーリーと黒煙は関係なくない?」の疑問は残しつつ・・・・

何度やってもレッカーに乗ってるマイカーを見るのはどこか辛いものがありますなぁ。

e0047547_0471982.jpg
↑右側に見えるのがクランク・プーリーです。本来はこれの周辺にゴムがあって、金属パーツが付いてます。こんなに小さくありません。
ゴムの劣化によって千切れて脱落してしまったのが今回の原因です。
走行中じゃなく、自宅近くで良かったです・・・・。(車庫入れ時だと思われる)

早速、マーシーオートにて程度の良い中古品があったので交換し、プーリーは解決。

しかし、相変わらずアイドリングは不調で黒煙も、出る出る。
こっちは原因不明。
症状的にECUトラブルと似ているので、とりあえず他のモノと交換してみたが、収まらず。逆にボクのに付いてたECUも他70で試すが、異常なし。ECUは正常、この線は消えました。

ここからはボクにはさっぱりわかんない世界へと突入です(笑)
さすがのマーシーさんも頭を抱えてる・・・・。

プラグかダイレクトイグニッションコイルかも?カブッてるのは間違いないけど、エンジン掛かるし・・・。
一気筒死んでるか、どうも点火系か電気系統がおかしくなってる模様。

さすがにプラグの新品はすぐ手に入らないので、注文しクルマは預かってもらう事に。

プラグは新品を、それ以外はコイルを中古品に交換。

それでも症状は治まらず、治らない・・・・。
「えーー、ゴッドハンドの手に掛かっても原因不明なのかーーーーーー!
長期戦へとなってしまうのかな・・・・不安になります。

電話で話す事しばし・・・・・

「けど、原因突き止めたよ。」
なに?  なに?  何だったの?

「ターボ・プレッシャー・センサーだったよ。」

言われても分からない箇所だったし、ターボ・プレッシャーとはなんぞや?との説明をしていただき、「よく分かりましたね、こんな箇所が。」状態。
この間わずか2日ですよ!
e0047547_2323072.jpg
↑そのターボプレッシャーセンサーはどこにあるかと言うと・・・この辺りの・・・
e0047547_23244479.jpg
これがターボプレッシャーセンサーです。
1JZの場合、ターボプレッシャーでもアイドル制御も賄っていますので(知らなかった。)これがおかしな事になるとアイドリングも今回のように不調になるわけです。
文字通りターボ圧センサーであるので、社外メーターなど取り付けの時、「ターボプレッシャーセンサーへ」とあるのが、この箇所です。
(追記)1JZはもう一ヶ所ターボプレッシャーがあるそうで、社外メーター時利用するのは、そちらがメインだそうです。

という訳で、あっという間にクルマは取りにいける段取りに♪
現物箇所を確認し、改めて「こんなちっちゃい部品が・・・。」
センサー交換で、全くの快調状態に復活です。

プーリー抜けはこれらの過程の中で起こってしまった事なので、直接のトラブル原因とはならなかったですが、タイミング的には良かったですね。
1JZ系でよく起こるプーリー抜けは結果的に、あっという間にクリアいたしました。

クルマが「早く直していっておくれよ。」と言っているのかもしれません・・・。

プラグも見せてもらいましたが、やっぱり真っ黒。あぶない状態だったのは間違いなかったですね。

今回のトラブルは稀なトラブルでしたが、その結果、色々と部品は交換したのでクルマが元気になったのはうれしい限り。
e0047547_234125100.jpg
プラグ交換を機に、カバーは取ってしまいました。コネクター部も以前替えた(エンジン載せ替えとき?)形跡があり、問題なかったようです。

ECUはまたリセットされたので、エアコンを切ると500回転でストールしそうになってはいますが、1JZエンジンはやっぱり速い。ブーストも掛けれず、シクシク回らないエンジンなど面白くもありません。このエンジンがずっと欲しかったわけでもあったのですから。
「快調であってこそ」を強烈に痛感いたしました。(パワステ直してないだろうに、お前は)
様子見とは言え、帰りのドライブは久々に気持ちよかったです。

スープラに関して、マーシーさんに直せないものないんだねェ~。
スープラを診てもらうなら、マーシーオートへ行けば間違いないと今回改めて実感。
このショップを選んで、付き合いがあって良かったです。
皆さんも、70・80スープラでマーシーオートへ遊びに行ってみてはいかがです?
[PR]
by SID80 | 2009-07-22 22:40 | 70スープラ